アメールシステム
  宮崎河川国道事務所では、異常気象時における通行規制情報をインターネットホームページ・電子メールで道路利用者の皆様に伝達するサービスを行っています。
  アメールシステムは、パソコン・携帯電話等機種を問わず、メールアドレスを持つ人であれば誰でも利用可能であり、登録画面上からメールアドレスを登録することで、通行規制に関する状況の変化が生じた際にリアルタイムに情報が自動通知されるシステムです。

●異常気象時通行規制区間とは

  国道10号及び220号には、異常気象時等に注意を要する区間として、異常気象時通行規制区間が4区間(国道10号:1区間L=1.5辧す馥撮横横姐罅В涯茣L=18.6辧忙慊蠅気譴討り、基準雨量に基づき年2〜3回程度の通行規制を実施しています。
  このため、通行規制実施に伴う利用者の迂回路等への経路変更等(規制区間内外への移動)を判断する情報を提供するものとして平成12年9月より、その区間における通行規制や降雨状況などの情報をインターネットや携帯電話により、リアルタイムで提供いたしました。


※登録の解除はこちらから


※パソコン、携帯電話のパケット
・通信料金はご利用者負担となります。

通知のタイミングと内容

異常気象時通行規制区間の連続雨量が規定量を上回った場合、又は規制の状態が変わった場合に、通知メッセージをお知らせしています。
通知のタイミングは以下の通りです。

通行注意
※連続雨量が規定量(降雨状況に応じて設定)を上回った場合に、登録者の方へ配信しています。
例【雨による通行止めを実施する可能性があります。通行にご注意ください。】
※通行注意の解除時のお知らせは配信いたしません。
通行止め開始 例【雨による通行止めを実施しました。】
通行止め解除時 例【安全が確認されましたので通行止めを解除しました。】

※通行注意の解除時の通知はありません。
※規制区間ごとに最低3回通知(上記1〜3)されますが、状況によっては通知回数が増える場合もあります。
※アメールシステムは24時間稼働しておりますので、気象の状況等によっては夜間通知される場合もあります。

誰でも利用できるの?

当ホームページ上にて、メールアドレスをご登録いただければどなたでも、事前に通行止めに関する情報が得られます。

     
 ・メール受信の可能なパソコンや、モバイル端末
 ・携帯電話によるEメール受信(メールは125文字以内で送信されます。)
・Docomo機種(FOMA機種)
・SoftBank機種
・au機種  その他E-mailが使用できる携帯電話、PHS


Copyright1997-2004. Miyazaki Office of River and National Highway. No reproduction or republication without written permission.