江の川水位ライブカメラ!(江津市松川町地先)氾濫警戒区域や雨雲レーダー

活発な前線の影響で、島根で断続的に激しい雨が降り、洪水や土砂災害の危険性が非常に高くなっています。局地的に非常に激しい雨が降る所もあります。

土砂災害や川の氾濫に充分に注意、警戒して早め早めに安全を確保するようにしてください。こちらの記事では、島根県江津市の江の川のイブカメラ映像で水位、現在の状況や最新情報をご確認いただけます。

又、リアルタイムでツイッター情報や避難の手順もご紹介しています。
避難の準備をされる場合に、必要なアイテムなどの情報もまとめていますので参考になさって下さい。

そして、自然災害などによって住居等に被害を受けたとき、公的支援を受けるためには罹災証明書が必要になります。本記事では、どんな場合に罹災証明書が発行されるか、罹災証明書を申請するにはどうすればいいか、申請書の書き方も解説しています。

そして、もしもの為に知っていて損はない火災保険の情報も紹介していますので、この機会に準備されてみてはいかがでしょうか。

 

江の川江津市江津市川平水位観測所付近の現在の氾濫警戒状況!

 

『江の川』江津市松川町地先 川平水位観測所水位ライブカメラ!

今回は『江の川』島根県江津市松川町地先 川平水位観測所付近の水位ライブカメラで氾濫の危険はないかなど、最新の画像で河川周辺の現在の状況をお伝えします!

画面をクリックしていただくとライブカメラの画像に移動します。河川の水位が確認できます。

スポンサーリンク

水位ライブカメラは、島根県の雨量・河川水位観測情報により運営されており、各河川に設置されています。そてぞれの、河川の水位や水流の強さなど、また氾濫警戒区域など周辺の気象の様子がライブカメラの映像で確認出来ます。

台風や大雨、高波、高潮、津波、河川の氾濫、道路の冠水、地震・自然災害などが発生した場合は、被害の状況がリアルタイムで確認でき、防災カメラとして重要なカメラですね。

雨雲レーダーでは、島根県周辺の雨雲の様子をリアルタイムに確認することができます。
出発前に雨雲の動向を見て、天気予報に役立てて下さい。

YahooJapan江の川水位情報

YahooJapan江の川水位情報

Twitter情報

 

河川の水位センサー

データは国土交通省川の防災情報よりリアルタイムで取得していますが、水位計測自体が10分間隔で作動している事をご留意ください。

水位センサーは河川の代表点にしか設置されませんので、はん濫危険水位に達していなくても、河川未改修区間などでは氾濫している可能性があります。

システム上では避難判断水位に達していなくても、降雨状況を判断して、出水・洪水への備えは早めに行いましょう。

特に中小河川や上流域では、豪雨時に急激な水位上昇が起きますので注意が必要です。

※残念ながら水位周知河川や洪水予報河川に指定されていない河川では、避難判断水位は設定されていません。

川が溢れそうになってからあわてるのではなく、事前に浸水想定区域図やハザードマップで氾濫する可能性がある範囲を把握して置いてください。

雨雲レーダー

江津市の天気 雨雲の動き tenki.jp

ウェザーニュース(江津市の雨雲レーダー)

Yahoo! japan 天気・災害

ハザードマップと避難方法!

江津市ハザードマップ

氾濫・決壊が起きた場合の手順

まずは落ち着いて!冷静に正確な情報を収集しましょう!

ラジオ・インターネット・テレビ等で最新の気象情報を確認しつつ、地域の防災情報も確認しましょう!

そして、避難する際に持っていく物などはあらかじめ準備をしておくと良いですね。
氾濫した水は茶色く濁っていて、水路と道路の境やフタが開いているマンホールの穴は見えません。

やむを得ず水の中を移動するときは、棒などで足元を確認しながら移動する注意が必要でね。
また、氾濫した水の流れは勢いが強く、水深が膝程度になることもあります。

長靴よりひも付きのスニーカーの方が良い場合も有ります。 車で避難される場合は、浸水の深さによって走行可否や危険が伴います!一度下記を確認して置いて下さい。

 

 0~10cm 走行に関し、問題はない。
10~30cm ブレーキ性能が低下し、安全な場所へ車を移動させる必要がある。
30~50cm エンジンが停止し、車から退出を図らなければならない。
50~以上 車が浮き、また、パワーウィンドウが作動せず、車の中に閉じ込められてしまい、車とともに流され非常に危険な状態となる。
引用元:http://www.jaf.or.jp/bousai/flood.htm
参考:JAFロードサービス

立体交差道路やガード下など、高低差のある道路には水がたまりやすいので走行はする時は注意が必要です、う回路を考えて下さい。

また、指定された避難場所でなくても、高台にある丈夫な建物であればそこにとどまることも選択肢の一つです。

避難する時に最低限これだけは持って行きたい物!

持ち物はリュックサックに入れ、両手を自由にすることが大切です。

と言われても・・、焦って何を持って行ったらいいかわからない!!!。
そんな時はこちらを参考にして下さい。

  • 現金・通帳・印鑑・カードなど:普段からひとまとめにしておくとすぐに持ち運べます
  • 証明書類:免許証や保険証など
  • ペットボトルの水:水分補給や傷口洗浄にも使えます
  • 最低限の食べ物:避難所によっては準備されていないこともありますので、日持ちのするものがいいですね
  • アメ:糖分補給や空腹をしのげます
  • 携帯電話:連絡手段はもちろん、ネット・ラジオの情報収集やライトとしても使えます
  • 当然ですが、充電器:携帯の充電をするために必要です
  • 羽織れるもの:毛布やジャケットなど防寒に使えるもの

準備する時間は限られている時ですが、これだけは持って避難できるといいですね。

暖かい日であっても、朝晩は冷え込むことも多いでしょう、大判のバスタオルや毛布、羽織などはとても大切です!

普段から準備して置きたい防災グッズ!

【治に居て乱を忘れず】余裕を持って日頃からまさかの準備しておくことも大切ですね!

  • 石鹸:身体や衣類、食器類にも使えて泡切れもよく、大人から赤ちゃんまで使えます
  • 歯ブラシ:雑菌繁殖を防ぎ口腔内を清潔に保つことが大切です
  • マウスウォッシュ:水や歯ブラシがなくても口腔内の雑菌繁殖を防げます
  • マスク:風邪などウィルス感染の予防
  • 生理用品:ご家族に女性がいる場合や傷口の止血としても使えます
  • オムツ:赤ちゃんはもちろん、トイレがわりにも使えます
  • メガネ・コンタクトレンズ:普段使っている方は予備を準備しておいてもいいですね
  • 非常食:缶詰やフリーズドライ、インスタント麺など長期保存のできるもの
  • ペットボトルの水:水分補給や傷口洗浄にも使えます
  • タオル:濡れた身体を拭いたり、羽織としても使えます
  • 羽織もの:毛布やジャケットなど防寒に使えるもの
  • 着替え:靴下や下着類
  • ビニール袋:荷物の防水や水の持ち運び、寒さ対策にも使用できます
  • ティッシュ:トイレットペーパーがわりにも使えます
  • ラップ:食器に巻いたり、傷口の保護などに使えます
  • ツールナイフ:缶切りやナイフなどいろんな用途に使えます
  • 爪切り:衛生管理や爪や指を保護するためにはしっかり爪を切っておく必要があります
  • 救急薬品:胃薬や頭痛鎮痛剤など常備薬から、絆創膏や消毒薬、ガーゼなど

実際に自治体で推奨されているものを中心に、あると役に立つものをプラスしてリストアップしました。非常時に備えて準備しておくと、気持ち的にも安心ですね。

すでに準備してあるこれらのものなどと、普段使っている【携帯電話・充電器】【現金・印鑑・通帳・カード】【免許証・保険証】なども忘れずに持っていきましょう!

水害には火災保険が使えます!

ここ数年の間、世界各地で異常気象が報告されていますね。エルニーニョによって北極の氷が解けるなど、世界中が異常事態に巻き込まれています。

次にまた何が起こるのかも分かりませんね!しかしながら火災保険に入っていないと、自然災害が起こった時になんの補償もありません。

下記のような場合でも、もちろん補償は一切ありません!

  • 自分の家が出火元で火事になった場合だけでなく隣家からのもらい火で火事になった場合
  • 大雨で水漏れが起こった場合
  • 洪水や土砂災害で家が流されたり床上浸水した場合
  • 雹(ひょう)や落雷によって家屋が損傷した場合
  • 屋根や雨どいが損害を受けた場合

もし大きな災害が起こった時に火災保険に入っていなかったら1円も補償が受けられません!



  • まだまだ住宅ローンが残ってるのに浸水した一階のリファーム資金をさらに用意しないといけない
  • 全壊で建て替えのために新たにローンを組まないといけない
  • 家が住める状態になるまでの間に住む家を借りないといけない

そんな事態が起こっても決して大げさじゃなく実際にこの日本にいて起きている事実です。

もし、まだ火災保険に入っていないという方は、今のうちに比較検討だけでもしておくと厳しい未来は避けられます。

今だったら、火災保険の見積もりが【カンタン3分で無料一括比較】できます!     

すでに火災保険に入っている方でも、いざという時に保険が降りない可能性がありますので、実際に契約している内容を確認して、もし契約内容が不十分だった場合はこの機会に見直してみる事も必要な事ではないですか?

災害は当然のことですが、荷物を落として床や壁が破損した場合でも火災保険は使えます!

もしかしたら、貰いそびれている保険料があるかもしれません!
良ければ保険屋さんに相談してみて下さいね。

台風や洪水にあった時に必要な罹災証明書!

台風や洪水など自然災害などによって住居等に被害を受けたとき、公的支援を受けるためには罹災証明書が必要になります。

ここでは、どんな場合に罹災証明書が発行されるか、罹災証明書を申請するにはどうすればいいのか?など申請書の書き方までを解説します。

被害を受けたら申請すべき罹災証明書とは?

 

関連記事 近隣周辺のライブカメラ

江の川水位ライブカメラ!(三次市荒瀬)氾濫警戒区域や河川観測情報!

2020年7月14日

江の川水位ライブカメラ!(三次市尾関山)氾濫警戒区域や雨雲レーダー

2020年7月14日

小田川水位ライブカメラ!(倉敷市真備町箭田)氾濫警戒区域や雨雲レーダー!

2020年7月14日

まとめ

今回は島根県江津市松川町地先 川平水位観測所付近の水位ライブカメラによる熊本県の防災の為に役立つ情報をお伝えして来ました。

又、氾濫危険区域や雨雲レーダーもご覧いただけたでしょうか?予備知識としてシステム上では避難判断水位に達していなくても、降雨状況を判断して、出水・洪水への備えは早めに行うようにして下さい。

特に中小河川や上流域では、豪雨時に急激な水位上昇が起きますので注意が必要です。

事前に浸水想定区域図やハザードマップで氾濫する可能性がある範囲を把握して置いてください。雨雲レーダーで各地の天気を確認して防災対策を準備して置いて下さい。

最後まで読んでいただき有難う御座います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です