青葉区ライブカメラ!(宮城県仙台市)氾濫警戒区域や雨雲レーダー!

スポンサーリンク


今回は宮城仙台市青葉区方面が見られるライブカメラと雨雲レーダーです。ライブカメラは、仙台市のお天気の様子や、洪水や氾濫の危険が無いかなども確認できます。

画面をクリックしていただくとライブカメラの画像に移動します。市街地の様子や交通が確認できます。

スポンサーリンク

宮城県仙台市青葉区の日蓮宗本国寺に設置されたライブカメラです。仙台七夕花火祭(仙台七夕花火大会)の時には素晴らしい風景が見えるライブカメラです。

更新はリアルタイムで、独自配信による動画(生中継)のライブ映像配信です。日蓮宗本国寺による配信。

天候が変わって台風や大雨、大雪などの場合にも、その状況がリアルタイムで確認でき、防災カメラとして活用されています。

雨雲レーダーは、仙台市周辺の雨雲の様子を見ることができます。外出する際には雨雲の推移を確認してみて、天気予報にも活用できます。

新千歳空港JALライブカメラ!(北海道千歳市美々)氾濫警戒区域や雨雲レーダー!

2020年10月26日

宮城県仙台市青葉区日蓮宗本国寺付近の地図

仙台市青葉区日蓮宗本国寺付近の地図

ライブカメラの仕様

ライブカメラ情報

ライブカメラ名 仙台七夕花火祭ライブカメラ
URL http://honkokuji.aa0.netvolante.jp:65340/viewer/live/index.html?lang=ja

http://honkokuji.jp/live-weather/

映像地点 仙台七夕花火祭(仙台七夕花火大会)
設置場所名 日蓮宗本国寺
設置先場所地 宮城県仙台市青葉区八幡6丁目13-26
配信・管理 日蓮宗本国寺
更新
備考

雨雲レーダー

仙台市の天気 雨雲の動き tenki.jp

ウェザーニュース(仙台市の雨雲レーダー)

Yahoo! japan仙台市の天気・災害

台風大雨洪水時の避難方法や携帯すべき必需品!

台風や大雨洪水時の避難方法や携帯すべき必需品!罹災証明の書き方!

2020年9月4日

楽天売上no.1の防災セット
公式サイト →  https://defend-future.net/

 

火災保険は水害にも適用されます

火災保険の水災補償では、台風、暴風雨、豪雨等による洪水・融雪洪水・高潮・土砂崩れ・落石等の水による災害が原因で、建物や家財が所定の損害を受けた場合に補償が受けられます。

一般的な火災保険の水災で補償される災害の種類と補償範囲↓

災害の種類 補償範囲
洪水 風、暴風雨などにより河川の水量が急激に増加して発生した洪水や、融雪による洪水での被害を補償。ゲリラ豪雨などにより排水が追い付かず床上浸水となった被害も含む
高潮(たかしお) 台風や発達した低気圧などにより海水面が普段より著しく上昇することにより、防波堤などを超えて海水が流れ込み、浸水被害に遭った場合に補償
土砂崩れ 大雨や集中豪雨などにより、山の斜面や崖などの土砂が崩れ落ちる被害を補償。川底の土砂や泥が一気に流される土石流も含む

 

すでに火災保険に入っていると言う方でも、いざという時に色々な条件付が有ったりで保険が降りないと言う可能性も無きにしも非ずなので、実際に現在契約している内容を確認して、

もし契約内容が不十分だった場合はこの機会に見直してみる事も重要なのではないでしょうか?
災害の場合は当然のことですが、荷物を落として床や壁が破損した場合でも火災保険は使えます!

もしかしたら、貰いそこなっている保険金があるかもしれませんよ!
念のために、宜しければ保険屋さんに相談して見られたら如何でしょうか?

 

カンタン3分で無料一括比較/

公式サイト →  https://www.jutapon.com/

 

台風や洪水にあった時に必要な罹災証明書!

台風や洪水など自然災害などによって住居等に被害を受けたとき、公的支援を受けるためには罹災証明書が必要になります。

ここでは、どんな場合に罹災証明書が発行されるか、罹災証明書を申請するにはどうすればいいのか?など申請書の書き方までを解説します。

被害を受けたら申請すべき罹災証明書とは?

 

まとめ

今回は宮城県仙台市の青葉区に設置されたライブカメラです。ライブカメラは、青葉区の様子など交通量や混雑状況も確認できます。

又、雨雲レーダーもご覧いただけたでしょうか?天候が変わって台風や大雨、大雪などの場合にも、その状況がリアルタイムで確認でき、防災カメラとして活用されています。

外出する際には雨雲の推移を確認してみて、天気予報にも活用できます。予備知識としてシステム上では避難判断水位に達していなくても、降雨状況を判断して、出水・洪水への備えは早めに行うようにして下さい。

事前に浸水想定区域図やハザードマップで氾濫する可能性がある範囲を把握して置いてください。雨雲レーダーで各地の天気を確認して防災対策を準備して置いて下さい。

いざという時に備え防災セットは準備しておくことをお勧めします。

最後まで読んでいただき有難う御座います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です