三重県尾鷲沓川水位ライブカメラ!氾濫警戒区域や雨雲レーダー

スポンサーリンク

どうも、防災ネットの宮崎です。
三重県南部で『記録的短時間大雨情報が発令されました。当地の方は十分に
警戒して防災に備えて下さい。

三重・尾鷲市では、1時間に124mmの猛烈な雨が降り、記録的短時間大雨情報が
出されています。

18日午後3時半ごろの三重・尾鷲市の映像では、雨が降り、車が通ると水しぶきが
上がる様子が確認できます。

このあと19日にかけて、被災地でも雨の降り方に注意をして下さい。

尾鷲沓川水位ライブカメラ!

尾鷲海上保安部庁舎ライブカメラの沓川の映像

防災上の水位の説明

はん濫危険水位とは、土砂堆積や樹木の繁茂などで川の通水面積が小さい箇所で堤防破堤や
河岸溢水が起こる可能性のある水位ですので、絶対に川に近づかないでください。

避難判断水位とは、住民の皆さんが避難を開始すべき水位ですので、自治体から避難勧告が
出されている場合には従ってください。

はん濫注意水位とは、川の水位が上昇してきており注意が必要な水位ですので、引き続き
豪雨などの悪天候が予測される場合には、避難する準備をしてください。

一般的には3年間に1回程度の発生頻度です。

水防団待機水位とは、水防団(自治体)が水防活動を始める目安になる水位ですので、
直ちに避難行動などは起こさなくても大丈夫です。
一般的には1年間に5~10回程度の発生頻度です。

スポンサーリンク

河川の水位センサー

データは国土交通省川の防災情報よりリアルタイムで取得していますが、水位計測自体が
10分おきで有ることをご留意ください。

水位センサーは河川の代表点にしか設置されませんので、はん濫危険水位に達していなく
ても、河川未改修区間などでは氾濫している可能性があります。

システム上では避難判断水位に達していなくても、降雨状況を判断して、出水・洪水への
備えは早めに行いましょう。

特に中小河川や上流域では、豪雨時に急激な水位上昇が起きますので注意が必要です。

※残念ながら水位周知河川や洪水予報河川に指定されていない河川では、避難判断水位
は設定されていません。

川が溢れそうになってからあわてるのではなく、事前に浸水想定区域図やハザードマップ
で氾濫する可能性がある範囲を把握して置いてください。

雨雲レーダー

熊本県の雨雲の動き
三重県の雨雲の動き(実況)

ウエザーニュース
ウエザーニュース(三重県の雨雲レーダー)

お天気.com
三重の雨雲レーダー

 

 

 

和歌山県ライブカメラ一覧!観光地の案内や防災ネット!県庁所在地図も掲載!

2020年4月11日

北川水位ライブカメラ!(延岡・川島橋)氾濫警戒区域や河川観測情報!

2020年4月4日

 

 

最後まで読んでいただき有難う御座います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です