台風5号(チャンミー)たまご 米軍とヨーロッパ進路予測!沖縄上陸はいつ?

台風5号(チャンミー)が発生しました。きょう沖縄に接近中です。
台風の中心気圧は1000ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートルで、1時間に約30キロの速さで北に進んでいます。

台風は今後発達しながら北へ進み、9日は先島諸島や沖縄本島地方に接近する見込みで、沖縄地方では、大雨や落雷、強風、高波に十分注意して安全を確保して下さい。

台風はその後、台風は東シナ海を北上し次第に進路を東寄りに変えて、11日(火)未明には日本海で温帯低気圧となる見込みとなっている。

スポンサーリンク

気象庁による予想図

 

9日正午に予想される雨・風

沖縄本島地方では9日夕方から夜のはじめ頃にかけて南の風が非常に強く吹くおそれがある。大東島地方では9日夜のはじめ頃にかけて、宮古島地方では9日昼前から夜遅くにかけて、八重山地方では9日昼過ぎから夜のはじめ頃にかけて強い風が吹く見込み。

■予想される最大瞬間風速
9日
沖縄本島地方 30メートル
大東島地方  25メートル
宮古島地方  30メートル
八重山地方  25メートル
10日
沖縄本島地方 25メートル

高波
9日午後3時に予想される波の高さ

沖縄地方の沿岸の海域では波が高くなっていて、沖縄本島地方、大東島地方、宮古島地方では、9日は次第にしける見込みだ。海上や海岸付近では、うねりを伴う高波に注意が必要だ。

■予想される波の高さ(いずれもうねりを伴う)
9日
沖縄本島地方 5メートル
大東島地方  4メートル
宮古島地方  5メートル
八重山地方  3メートル
10日
沖縄本島地方 5メートル
大東島地方  4メートル
宮古島地方  4メートル

大雨・雷・突風
沖縄本島地方では、9日は多い所で1時間に50ミリの非常に激しい雨が降る見込みだ。台風の動向によっては、9日から10日にかけて、警報級の大雨となるおそれがある。

また、10日にかけて積乱雲が発達し、落雷や竜巻などの激しい突風による被害の起こるおそれがある。発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、頑丈な建物内に移動するなど、安全確保に努めたい。

■10日午前6時までの24時間予想雨量(多い所)

沖縄本島地方 150ミリ
宮古島地方  60ミリ

スポンサーリンク

米軍進路予測

画面をクリックしていただくとJTWC熱帯の警告と現在の北西太平洋/北インド洋*熱帯システムが見れます。

JTWC参照 https://www.metoc.navy.mil/jtwc/jtwc.html

アメリカ・ハワイの米軍合同台風警報センター(JTWC)が発表する台風情報です。この台風情報は、本来は米国の政府機関による利用を意図した情報ではありますが、一般の人々もアクセスすることができます。

通常は6時間おきに情報を発表します。なお、このサイトの台風情報の見方ですが、時刻表記が協定世界時(文中表記はUTCではなくZ)となっている点に注意する必要があります。

日本時間に直すには時差の9時間を加えて下さい。

ヨーロッパ進路予測

https://www.windy.com/?38.686,135.000,3

ECMWFの予想では台風5号のたまごは9日発生して10日には沖縄西海上を北上する
予想に成っています。

沖縄地方の方は十分に警戒をして安全を確保して下さ。

最後まで読んでいただき有難う御座います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です